家族葬で大切な人を見送ろう~旅立つ準備のヘルプを~

葬儀

突然にやってくるお別れ

葬儀

千葉のような首都圏では、家族葬が注目を浴びています。ですが家族葬の定義があいまいのため、これが家族葬だというものがありません。一つの基準として家族葬は呼ぶ人を限定した葬儀であると認識しておきましょう。

詳細を確認する...

社会情勢によって変化する

家族の話し合い

線香

長生きをすればするほどもう呼ぶ人がいない、お知らせをする人が減っていく、高齢になればなるほど当然のことながら友人知人も年を重ねて旅立って行かれます。そうなれば必然的に葬儀も家族葬になっていきます。周囲への配慮や社会的なお知らせも大切ですが、お知らせする人がいなくなって必要がなくなってしまうというのが現状ではないでしょうか。さいたま市でも多くの方が家族葬で個人をお見送りされているようです。 ただ葬儀は見送る人の意志によっても大きく左右されます。自分は家族葬でもいいと思っていても、子供たちが対面を気にしてしまったりして考えが合わないこともよくある話です。見送られる側と見送ってくれる側との話し合いは大事になってきます。また遺品整理も話し合わなくてはいけません。

高齢化がもたらすもの

高齢社会になって100歳、90代なんてあまり珍しくなくなってきました。さいたま市でも高齢の方がたくさんにいらっしゃいます。家族葬が今主流になっているのには理由があります。それは見送る側も見送られる側も高齢者になっているからです。さいたま市でも高齢になれば呼ぶ人がほとんどいないみんなあの世に旅だって誰も来ませんという人が多いのではないでしょうか。 さいたま市に限らず最近は見送る側も高齢になっていることから、通夜、葬儀の2日間式場に出向く体力がないということでせめて1日が精いっぱいということもあります。そうすると必然的に家族葬といった形になってきます。人気が出てきたという形ではなく、しょうがないからこういう形になったといったほうが、正解です。

小さなお葬式

数珠

葬式費用で多くかかるのは参列者のおもてなしに多くのお金がかかります。葬儀社はこの参列者を削るという小さな葬儀方法を提案して、この方法が相模原でも主流になってきました。我々は葬式の知識を身につけてより良い葬儀社の取捨選択をしましょう。

詳細を確認する...

見送りの儀式のプロ

女性

川越の葬儀業者は見送りのプロです。人がなくなったときは見送る側は平常心でいられることはありませんので、プロに任すのが賢明な方法です。最近は見送る形の選択肢が増え、家族葬を選ぶこともできるようになりました。

詳細を確認する...