家族葬で大切な人を見送ろう~旅立つ準備のヘルプを~

葬儀

小さなお葬式

参列者の本音

数珠

誰が来るのかわからないというのが今までの葬式の主流になっていました。ですが最近は相模原でもそうですが、親しい人しか集まらない小さな葬式が主流になってきています。送る側としては参列する人数が把握できているので、おもてなしの費用にも無駄がありません。このような小さな葬式が相模原でも主流なのですが中にはお世話になった方は葬式に呼ばなくては失礼、自分の大切な家族がなくなったのだから今自分がお世話になっている人には報告をして、葬式でおもてなしをしなければ、周りに不義理だという人も多くいらっしゃいます。 多くの人は良く葬式に行かなければならないとよく言います。これは葬式は急に呼び出されるもの不義理にならないならいかずに済ませたいものという心の現れです。ですからこの小さなお葬式は万人の心にあった葬式であるということです。

業者の提案

主催者側のなるべくお金をかけたくないという思いと、呼ばれる側のできることならいかなくてすませたいという思いに、あっているからこそ小さな葬儀は相模原で急増しこれからも増えていくものと思われます。 葬儀の何にお金がたくさんいるのか、それは参列者の数にあります。それを削ることによって葬儀は大変に安価でできることになります。 不況や人間関係の希薄化をみてこのような安価でできる葬儀を葬儀社は提案してきました。これが時代のニーズと相まって相模原でも主流になってきたわけです。良い悪いは別として葬儀の世界は葬儀社が中心となって行っているということです。それならば私たちは少しでも多くの知識を身につけて最良の葬儀社を取捨選択していくことが大切になってきます。